北 海 道 溶 射 工 業 会 会 則

第一章 総 則

(名 称)
第一条 本会は北海道溶射工業会(以下本会と称する)とする。
(本会の所在地〉
第二条 本会の事務所は北海道内に置く。
(目 的)
第三条 本会は北海道内における溶射工業技術の健全な発展を図り、社会公共の利益に貢献することを目的とする。
(事 業〉
第四条 本会は前条の目的のため、次に掲げる事項について必要な事業を行う。
     一、会員相互の経験と知識及び情報の交換
     二、講演会、講習会、研究会、見学会などの開催
     三、関係諸団体との連絡、提携
     四、関係資料の刊行、配布
     五、会員相互の親睦の交歓会
     六、功労者、功績者の表彰奨励
     七、その他必要とする事業
第五条 本会に北海道溶射技能士会(以下技能士会と称する)を置く。

第二章 会 員

(会員の資格)
第六条 会員は正会員、賛助会員、特別会員とする。
    一、正会員は溶射事業を営む法人及び個人
    二、賛助会員は溶射事業に関係し、本会の目的達成に賛助協力する者
    三、特別会員は本会の目的に賛同し、溶射技術に関し、学識経験のある者

第三章 入会、会費、退会

(入 会)
第七条 本会に入会を希望するものは、役員会の推薦により総会の承認を受けるものとする。
(入会金、会費)
第八条 入会金及び会費は総会の承認によって別に定める。
(退 会)
第九条 会員が退会する時は、その旨を書面で会長へ届出なければならない。 但し、入会金と当年度の会費は返還しない。

第四章 役 員

(役 員)
第十条 本会に次の役員を置く。
     一、理事 5名以上(技能士会幹事長を含める)
     二、監事 2名
(役員の選出)
第十一条一、役員は総会において選出する。
      二、会長1名、副会長1名は理事の互選による。
(役員の任期)
第十二条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
(顧問、特別役員)
第十三条 本会は必要に応じ、役員会の承認を経て、顧問および特別役員を置く事が出来る。
(役員の職務)
第十四条 会長は本会を代表し、本会の運営を統括する。
       副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代行する。
       理事は会長の意を受け会務を分担する。
       監事は本会の会計を監査する。

第五章 総会、役員会

(総 会)
第十五条 本会は毎年1回総会を開催する。また役員会が必要と認めた時、及び会員の三分の一以上から会議の目的、事項を示して要求のあったとき、会長は臨時総会を招集する。
(役員会)
第十六条 役員会は会長が必要に応じて招集することが出来る。
(会議の成立と承認)
第十七条 総会及び役員会はそれぞれ会員又は役員の半数以上の出席(委任状を含む)をもって成立し、議長はその都度、会員又は役員の中から選出する。  承認は出席者の過半数をもってこれを行う。但し、可否同数の場合は議長がこれを決する。
(会則の変更)
第十八条 本会の会則の変更は、総会において四分の三以上の同意を得なければならない。

第六章 会 計

(会計年度)
第十九条 会計年度は毎年1月1日に始まり、12月31日に終る。
(収支予算及び事業計画)
第二十条 本会の収支予算並びに決算及び事業計画は総会において承認を得るものとする。

第七章 雑 則

第二十一条一、本会の事業を進めるため、総会の承認により専門の委員会を設置することが出来る。
        二、委員会に関する細則は会長が役員会の承認を経て別に定める。

第八章 付 則

第二十二条 この会則は昭和58年2月24日より施行する。
       一、第七条と第十七条の一部を修正、第十六条二を追加、昭和59年2月10日。
       二、第七条の一部を修正、昭和60年3月8日。
       三、旅費規定、慶弔規定を追加、昭和61年3月7日。
       四、第五条を新設、以下各条番号繰り下がる。
          第十七条の名称と本文および字句の修正。第十三条の名称と本文修正。
          第七条、第十条一の修正。第九条、第十一条二の一部修正。
          第一条、第三条、第八条、第二十条、第二十一条の字句修正。
          第十六条二を削除。入会金規定、事務規定、表彰規定を追加 〈以上、平成12年3月4日〉

規定  一、旅費規定 役員に対する交通費補助…(予算5万円、JR片道分助成、主に役員会出席)。
     二、慶弔規定 死亡時(香典)会員(代表者)2万円(〃一親等)5千円、 見舞時入院等会員(〃)5千円。
     三、入会金規定 正会員は5万円、賛助会員は無料、特別会員は1万円とする。
     四、事務(会務)規定 事業事務局、会計事務局、文書事務局、技能士会事務局に分担する。
     五、表彰規定 必要に応じ役員会の承認により本会と技能士会の会員を表彰する。

以 上